レッドビーシュリンプの飼育や繁殖のコツ、販売情報をピックアップ

ビーシュリンプの魅力に迫る

【グリーンビーシュリンプ】や【イエロービーシュリンプ】、【ホワイトビーシュリンプ】などは、近年脚光を浴びだしたニューフェイスです。
ベトナムなどの東南アジアからの輸入が多いのも特徴です。

緑ビーと黄ビーたち

スノーホワイト

全身がうっすら雪のように白くなるエビです!清涼感のある姿は観賞価値↑↑↑
個人的にもこの子が好き!
1匹 \1,000程度

クリーム

透け感が何とも儚げ。
1匹 \1,100程度

ブリリアント
イエロー

他のエビではあまり見られない鮮やかな黄色〜朱色の体色を持つ美しい種です。別名を「マンダリンシュリンプ」うなずけるな〜
6匹 \1,100程度

ゼブラ

模様の変異が多いので楽しめます。お手ごろプライスです。
12匹 ¥2,700程度

イエローチェリー

2006年頃に日本で作出されたといわれています。一般的にメスのほうが色彩がきれいなんだそうです。
6匹 \1,000程度

パープルゼブラ

車エビっぽい模様・・・。台湾原産です。飼育はちょっと難しいので初心者向きではないようですね。
5匹 ¥1,300程度



お店では教えてくれない
本当のレッドビーシュリンプ飼育・繁殖・販売マニュアル

1976年から続く老舗の熱帯魚・海水魚店主が大暴露

専門家ですら、最初に死なせてしまった個体数は数知れず・・・
いくら水槽を立ち上げても全滅。立ち上げては全滅を、3か月〜4か月位繰り返す日々。

水質は? phは? 底砂は? 水温は? 餌は? 水換え?
ある時、ハッと気づいてしまったのです!
決してシュリンプ専門店や熱帯魚店では教えてくれない本当に失敗しないレッドビーシュリンプの飼育や繁殖、さらには販売の方法まで、 そのすべてをつつみ隠さず公開。

「本当のレッドビーシュリンプ飼育・繁殖・販売マニュアル」はここにあります

 

激殖マニュアルは
こちら