失敗しないおススメ酵素ドリンクランキング

酵素っていったい何者?

私たちの体は、食べたもので作られていきます。
もっとも寿命の長い細胞でも、6ヶ月で新陳代謝によって生まれ変わります。

 

私たちの体の中では、さまざまな化学反応によってエネルギーが作られ、
細胞が生まれ変わり、体を修復し、生命を維持しています。

 

この化学反応を起こすにはいろいろな種類の酵素が必要なのです。

 

炭水化物も、ビタミンも、ミネラルも、食物繊維も、たんぱく質も少量の脂質も大切です。
でも、いろいろな栄養素をいくらたくさんとっても、
酵素がなければ、それはエネルギーへと変わることはありません。

 

酵素と聞いて、一番最初に思いつくのが「消化酵素」とだと思います。しかし、酵素は食べたものを消化吸収するばかりでなく、息をしたり、筋肉を動かしたりと、一切の生命活動に関わっているのです。
もし、酵素の働きがなければ、人間も動物も生きることはできません。いわば、生命活動の主役であり、源なのです。

 

 

酵素の働き

 

酵素は食べ物をエネルギーに換えるのが仕事だとお伝えしました。エネルギーに変換するために二つの役割があります。「消化」と「代謝」です。
まずは、消化酵素ですが、これは文字通り消化のための酵素で、私たちが毎日食べるご飯や野菜などの食べ物を消化分解し、吸収するための酵素です。
そして代謝酵素は、新陳代謝を促したり、毒素を汗や尿の中に排出したり、体の悪い部分の修復や病気の回復などとても忙しくわれわれを健康体にしてくれています。

 

 

 

体内で作られる酵素には限度がある

 

生野菜

残念ながら、酵素は加齢とともに減少していくといわれています。しかし、体内作られる酵素の量には限度があります!

では、減少してしまった酵素をどのようにして補えばいいのでしょうか?

 

足りなくなった酵素を補うには、「生もの」を取るしかありません。新鮮な生の食べ物です。
生の肉や魚、生野菜、果物には酵素が入っています。ですから、新鮮な生の食べ物をとることで酵素を体内に取り入れ活発に活動させることができるのです。

 

 

ダイエットとの関係

 

では、ダイエットとどう関係してくるのかというと、先般、人間の体の中にある酵素として消化酵素と代謝酵素というのを紹介しましたね?

 

この二つの酵素は深くかかわりがあり、消化酵素がたくさん使われると代謝酵素が少なくなってしまったり、代謝酵素が多く使われると消化酵素が少なくなってしまったといことがあるようです。

 

よく病気にかかると食欲がなくなりませんか?これは、消化酵素よりも、代謝酵素がより働くので、食欲をなくしているのです。

 

この原理を考えれば、消化酵素をできるだけ使用しないようにすれば、代謝酵素をたくさん使うことができ、ダイエットにつながるということになりませんか?

 

例えば新鮮な野菜を食べると、もともと野菜が持っている酵素が消化酵素を助けるような形になるので、消化酵素は少なくて済みます。

 

酵素を取ることで体の中で減少してしまった酵素を補充するというだけでなく、消化の助けになり、代謝酵素を活発に働かせることができるということです。
酵素ダイエットは、こういった仕組みを利用しているということになりますね。